読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

複数の米メディアの報道によると、米アップルは再来年(2017年)に市場投入する

複数の米メディアの報道によると、米アップルは再来年(2017年)に市場投入する「iPhone」の将来モデルで、本体デザインを大幅に刷新し、他社製スマートフォンとの差異化を狙うのだという。 ■ 「もはや新鮮味がなくなったアルミ素材」  iPhoneの2017年モデルに関する計画については、先頃、アップルの新製品やその発売時期を当ててきた台湾KGI証券の著名アナリスト、ミン・チー・クオ氏が、調査ノートで報告した内容が話題になったが、今回の情報源も同氏という。 シャネルiphone7ケース  米マックルーマーズや米9to5Macが入手した最新の調査ノートによると、iPhoneの2017年モデルは、その本体ケースに用いられる素材がすべてガラスになる。  アップルは2012年に発売した「iPhone 5」から、現行の「iPhone 6s」シリーズまで、その本体ケースにアルミニウム素材を採用してきた。 シャネルiphone7ケース  そして今年発売されると見られている「iPhone 7」(通称)にもアルミニウムが使われるとなれば、5年連続で同じ素材のデザインを採用することになり、もはや消費者にアピールできる新鮮味はなくなる、とクオ氏は述べている。  一方、ライバルメーカーのスマートフォンは数年前までプラスチック素材が多かったが、ここ最近は多くがアルミニウムを採用している。 グッチiPhone7ケースこのためiPhoneはもはや他社製品と明確に差異化できる要素がなくなってきたという。   iPhoneの今年の出荷台数は減少すると予測される中、アップルは、まったく新しいデザインを採用し、iPhoneの競争力を高めることを狙っている。 ルイヴィトンiphone7ケースそうした同社には、アルミニウム以外の素材を使いたいという強い意欲があるはずだと、クオ氏は結論付けている。 ■ 投資家は重さと強度の問題を指摘  同氏は今年3月に出した調査ノートで、iPhoneの2017年モデルは、その本体ケースの構造設計が「iPhone 4/4S」と似ていると報告していた。 ルイヴィトンiphone7ケースこれは、前面と背面のガラス素材で、側面の金属フレームを挟むというデザインだ。  また同氏はiPhoneの2017年モデルは、より薄く、軽量なAMOLEDディスプレイを採用し、画面やガラスケースがカーブしたデザインになるとも報告していた。 シャネルiphone7ケース  今回の調査ノートでも同氏は、2017年モデルはAMOLEDディスプレイを採用すると報告している。ただクオ氏によると、ガラス素材の本体には、iPhoneの重量が増すといった問題や、落下試験に耐えられる強度が得られないといった問題があると指摘する投資家もいるという。  しかしこれについて同氏は反論している。  まず、重量については、従来よりも軽量なAMOLEDディスプレイを採用するため、ガラス素材によって重くなる分を相殺でき、大きな問題にはならないという。 シリコンiPhoneケース最近よく耳にする「SIMフリー端末」。通信キャリアにしばられることなく、様々な通信業者と契約できる代物だが、いまいち理解していない人も少なくないのでは? そこで、SIMフリー端末の特徴や、注目の端末をITジャーナリストの佐野正弘さんに教えてもらった。 シャネルiphone6ケースSIMフリー端末の最大のメリットは、キャリアを変更しても端末は変える必要がないこと。同じ端末のまま、ほかのキャリアやMVNO(=キャリアから回線を借りて独自の通信サービスを提供する事業者)のSIMを挿入して利用できることから、乗り換えの際に端末を買い換える必要がありません。 グッチiPhone7ケースそのため、キャリアの契約にしばられずに乗り換えをしたい人や、とくに、MVNOに乗り換えたい人におすすめです。また、海外によく行く人なら、海外のSIMで普段の端末が利用できるメリットもあります」(佐野さん、以下同) キャリアが販売している端末の多くは、そのキャリアの利用に適したSIMを使った「SIMロック端末」のため、SIMロック解除をしたとしても、他キャリアのSIMでは、周波数帯の対応などで不便が生じることもある。 シャネルiphone7ケース 「一方でSIMフリー端末は、ある程度汎用的に利用できるように作られているため、SIMロック解除をした端末よりも安心して利用できます」 しかし、SIMフリー端末はメリットばかりではないようで…。 「SIM端末は利用する上で一定の知識が求められます。 グッチiPhone7ケースたとえば、あらかじめ対応する周波数帯や通信方式などを確認してから購入しないと、場所によっては通信速度が遅くなったり、通信できなくなってしまったりするなどの問題が発生します。また、SIMと端末の販売は基本的に別々となるため、SIMの設定などは自分でしなければいけません」 これらを踏まえたうえで、佐野さんおすすめのSIMフリー端末を教えてもらった。 ルイヴィトンiphone7ケース ■プラスワン・マーケティング「FREETEL『MUSASHI』」(2万円台)※参考価格、以下同 「折りたたみ式で両面にディスプレイを搭載。スマホとしてもフィーチャーフォンとしても利用できるユニークな機種です」 ■富士通「arrows M02」(3万円台) 「おサイフケータイにも対応する安心の国産ブランド。 シャネルiphone7ケースドコモの回線に対応したMVNOauの回線に対応したMVNO、両方のSIMにも対応する幅広さが人気です」 ■ファーウェイ「HUAWEI GR5」(3万円台) 「3万円台と安価ながら、高級感のあるボディと高い性能を誇る最新機種で、コスパがかなり良いです」 ■ASUS「ZenFone Max」(3万円台) 「通常のスマホの倍近い大容量バッテリーを搭載しているので、電池切れの心配が少ないのが特徴です」 ■アップル「iPhone SE」(5万円台) 「日本人好みのコンパクトサイズ。高値の傾向が強いiPhoneシリーズながら、割引なしで5万円台から購入できるのも魅力です」 SIMフリー端末と聞くと、“格安”というイメージがあったが、実際には、「安い端末から高い端末まで、バリエーションの幅が広い」と、佐野さん。 シャネルiphone7ケース  本体の強度については、iPhone 4/4Sですでにガラス素材のスマートフォンを製品化したという実績がアップルにはある。同社はその構造設計に戻るにすぎず、こちらも問題にはならないとしている。 グッチiPhone7ケース ■ サムスンジャパンディスプレイ、シャープなどが部品供給か  なお前述のマックルーマーズの記事は、クオ氏以外の情報筋の話として、アップルが来年、OLEDディスプレイを搭載するiPhoneを発売すると伝えている。  そして見込まれる最終的な部品供給会社として、韓国サムスンディスプレイ、韓国LGディスプレイ、台湾AUオプトロニクス(AUO、友達光電)、ジャパンディスプレイ、台湾ホンハイ(鴻海精密工業)の傘下に入るシャープなどの名が挙がっているとマックルーマーズは伝えている。 ルイヴィトンiphone7ケース